toggle
2014-04-14

【新入荷】2014年4月その1&2

17時間後には機上の人となりますが、旅の準備は一切していないオータです。お土産買いに行かないと…。ペドローニ物語で若干燃え尽きた感のある僕ですが、不在中に届くワインのご案内もキッチリしてから、気持ち良く出張に出たいと思います!!では行きまーす!!
以前はそのアナーキーぶりから、今はその異常なまでの清潔へのこだわり(仕込み前、セラーをオゾン洗浄するんですって。酵母はブドウの皮に付いているものだけで十分だそう…)から鬼才と呼ばせていただきたいフランク コーネリッセンの2012年ヴィンテージのワインが入荷、そしてマグマ9(2011)が再入荷しております!コンタディーノ10は9(11年)のようにヴォリューミーではあるけれども、9は果実味が支配的なのに対して、より(火山)岩的とのこと。ムンジェベル ビアンコも通常よりも若干収穫を早めることで、このヴィンテージの天候等によってもたらされた“濃厚さ”を押さえることに成功したそう。そして今まではエトナの伝統に則り、2ヴィンテージのワインをブレンドしてきたムンジェベル ロッソですが、12年ヴィンテージからは全て単一ヴィンテージでボトリングすることに。より精確な造りを目指しているフランク的には、ブレンド用にアンフォラで熟成させているワインの揮発酸が上がり過ぎると思うに至ったようです。逆に、畑の標高、立地、土壌等、非常にヴァラエティに富んだエトナという土地を表現するために、パーセルごとにボトリングしたムンジェベルのクリュ4種をリリースさせることに。12年は、そのうちの1つのパーセル(ポルカリア)での収量があまりにも少なかったために、ノーマルのムンジェベルと混醸しました。で、残りの3つですが、下記の通り。
CS(ChiusaSpagnolaキュウザ スパニョーラ):ソリッキアータ村にある、1930年代に接ぎ木することなく植えられた畑で、標高は620mと比較的低い立地。周りを溶岩流が固まってできた岩に囲まれた土壌のためか、強いタンニンが特徴。マグマを生み出すパーセル、バルバヴェッキも、標高こそ違えど、同じ村の同じ土壌特性の畑。
MC(MonteCollaモンテ コッラ):エトナ山の向かいにある、モンテ コッラの南西むきの急な斜面にテラス状にある、1940年代に植えられた畑。濃密でヴォリューミーなワインができる。
VA(VigneAlteヴィーニェ アルテ):フランクが所有する最も標高の高い3つのパーセル、タルタラーチ、バルバヴェッキ、モンテ ドルチェのブドウで造られる。どの畑のブドウ樹も接ぎ木をしていない。
どのワインも入荷量が非常に少なく、申し訳ないのですが、全て限定ワインとさせていただきます。恐らく2013年ヴィンテージからは、もう少しまとまった本数を分けてもらえると思います。
フリウリのラ カステッラーダからは、2006年の白3種類、リボッラ、ビアンコ、ソーヴィニョンの現地在庫を根こそぎかっさらってきました!!どれも最高です!マセレーションしているとかどうとか全然関係ないレベルでの普遍的な美味しさがあると思います。ある程度の本数が入ってきていますので限定とはしませんが、長くは持たないと思いますのでお気を付けくださいね!!そして少量生産のフリウラーノとピノ グリージョだけ、07ヴィンテージを持って来ました。06に続き07もやばいです…。こちらは限定ワインとさせていただきます。04に続いて今回リリースされたロッソは01でした!04は果実味が支配的だったのに対して、01はより熟成した大人の雰囲気満載のワインです。
お待たせしました、僕の凡ミスで入荷が滞っていましたラ ビアンカーラのロッソ マシエリ12年もようやく入荷しました!マシエリ&サッサイアも1800本ずつ入荷しまして、これで12年のワインは全て引き取った形となります。マシエリ13は一部をボトリングしているようなので、長く切らすことはないと思いますが、サッサイアに関してはボトリングが5~6月で、入荷は夏となると思いますので、それを念頭に入れつつ計画的な発注をしていただいた方が良いかもしれません。
オオトリは実に2か月もの間、税関につかまっていた“隣のおばちゃん”こと、イル ブオンヴィチーノです!!!ワイナリーのあるところではアグリトゥリズモも営み、リグーリアには別荘を持ち、そこにはありとあらゆるフルーツの樹が植えられているということもあり、ジャムや様々な瓶詰類を作っていまして、それらを一通り入れてみました。全部で30種類…食品の輸入って大変ですね…。是非いろいろお試しください!!ジャムやソース類、オイル漬けの類でしたら、1-2個は12本入りの箱に忍び込ませることができると思います。肝心のワインですが、2012年のバルベーラ、ブラケット、ドルチェット、モスカートが入荷、本数の少ないターツィオ(モスカート)とレオナルド(バルベーラ)だけ限定ワインとさせていただきます。
それでは皆様、僕の不在中もヴィナイオータをよろしくお願いします~~!

文:太田 久人
101 104 nuovo14.04.14

関連記事