toggle
2015-11-29

Vodopivec / ヴォドピーヴェッツ

造り手:Vodopivec / ヴォドピーヴェッツ
人:Paolo Vodopivec / パオロ ヴォドピーヴェッツ
産地(州):フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア
ワイン:Vitovska、Vitovska Origine、Vitovska T、Solo
所在地:Localita Colludrozza, 4 – 34010 Sgonico TS – Italia <Map>
Web:http://www.vodopivec.it/

見た目だけでなく中身も超かっこいい、ワインに関する一切の妥協を拒否、労を惜しまず、リスクを恐れず、若さ(絶対的な経験の少なさ)を精細に観察することでカバー…Mr.ストイックことパオロ ヴォドピーヴェッツ。

とことん努力する天才パオロ

パーネヴィーノのジャンフランコは狂気の沙汰ともいえるパオロの生き方、仕事に捧げる莫大な時間、労力を目にして、”俺には無理” と匙を投げ、スロヴェニアの巨人ヴァルテル ムレチニックはパオロの畑を見て「僕が今までで見た畑の中でいっちばん素晴らしかった!パオロが僕なんかよりも遥か先を見据えていることを見せつけられちゃった感じだよ。いや、本当に凄いよ!」と絶賛、その仕立てはレ ボンチエのジョヴァンナも新しく開墾した畑で採用し、そのジョヴァンナ、マッサ ヴェッキアのファブリーツィオをして天才と言わしめる“努力する天才”です。

トリエステ県カルソ地区のほぼ中心ズゴーニコにあるヴォドピーヴェッツ家。代々農業を営んでいますが、パオロ&ヴァルテル兄弟によってワイナリーとして本格的な生産&ボトリングを開始したのは1997年のこと。カルソという土地を表現するにあたり、ヴィトフスカこそ最良のブドウであると信じ、自ら開墾した畑はヴィトフスカのみを植えています。

カルソは、石灰岩台地で土が少ないところで、既存の畑というのは土が多かった場所か、もしくは客土(外から土を持ってくること)をしたところであったりします。彼が最初に開墾した畑も客土をしたそうですが、すごく後悔をしているとのこと。その後の畑は、土が少なくてすぐに石灰岩の岩盤に当たる所を、まずは表土を除け、削岩機のようなもので岩盤を砕き、岩ないし石状にし、除けておいた土を戻すという気の遠くなるような作業で、自ら開墾し仕立てたのです。

考え抜かれた仕立て

vodopivec_001_02

とても低い仕立てになっているのは、地熱の影響でブドウがより凝縮するように、ブドウの枝が垂直方向により高く伸びることができるようにするため。ブドウ樹1本1本が3本のロウソクを置けるような燭台型になっているのは、それぞれの燭台の先に生るブドウを均質化する目的で、根からの距離をほぼ均等にするため。燭台部分が直線的になっているのは、強い風の多いカルソという地域で、折られないよう枝を針金の間に通しやすくするため。

当然のことながら一切の灌水を行わず、極稀に必要だと判断した場合にのみ牛糞をベースにした完熟堆肥を入れるが、飼料もカルソ産の一切農薬を使っていないものを与えられた、カルソで育てられた牛のものを使用。ありとあらゆる農薬を使わず、数年間はボルドー液さえも使わず、海草やミネラル、土など自然素材をベースにした薬剤のみの栽培にも挑戦。近年はこの薬剤をベースに、ボルドー液の使用は1-2回程度にとどめるようにしています。これはボルドー液の構成要素である銅が、皮に付着・残留するのを極限まで無くす(減らす)ためで、長期間の醸し醗酵を行うパオロならではの発想なのかもしれません。

ワインへのリスペクトが神殿になる

2009年には新しいセラーの建設に着手(2011年5月に完成)。壁はカルソの岩盤むき出しの状態で、セメントは天井にのみ使われ、そこに塗られた塗料も土をベースにした天然素材のもの。円が2つくっついたような形をしているのは、パオロが角(かど)のある構造を嫌ったため。大気もエネルギーもある程度均等に循環させるためには大切だと彼は言います。セラーから出て、電源を切ると、セラー内には完全に電流が流れない状態になり、これも電磁波の影響なくワインをゆっくり休ませてあげるためとのこと。ワインにここまでリスペクトが払われているセラーを僕は見たことがありません。このセラーの建設において驚くべきは、削岩機による穴掘り作業以外は基本1人でやったというのです!!このセラーはワインの寺、神殿のようなものだと彼は言います。

ラインナップは3種類(2009ヴィンテージ時点)。アンフォラで醗酵、終了後も皮ごとの状態でふたをし、一冬を外で過ごさせ、翌春に圧搾、大樽で熟成させボトリングした“Vitovska”(2005〜)。木製開放式醗酵槽による醸し醗酵、約3年の大樽熟成をさせた“Vitovska Origine”(1997〜2004は“Vitovska”2005〜2006は“Vitovska Classica”)そして、15-20cmの薄い表土の下が思いっきりTheカルソとでもいうべき、石灰岩の岩盤だったところを削岩機のようなもので砕き、表土を戻して畑とした狂気の沙汰ともいえる区画のブドウ単一でボトリングした“Solo”。単一畑という事でソーロ(唯一の)であり、ボトリングを行った2007年に弟ヴァルテルがワイナリーから抜け、パオロ一人になったという事でソーロ(ひとりの、孤立した、孤独な…)…。(2004,2009)

2010年はヴィトフスカ(アンフォラ)のみの生産で、13000本。造り手の畑&セラーでのリスクの冒し方とシンクロさせた買い方(笑)を目標とするヴィナイオータとしましては、半分くらいは行っちゃいたいと考えております!!!間違いなく、3種類のワインを2000本ずつ売る事よりも遥かに難しいミッションだと思いますが、皆さんにもご協力いただいてなんとか実現させ、パオロに、少なくとも日本では正当な評価を受けていると思わせてあげたいです!!

【新入荷】2017年7月 その4

【新入荷】2017年3月 その3

【新入荷】2017年3月 その1

【Vodopivec】パオロ ヴォドピーヴェッツ氏インタビュー(2015年12月来日時)

【新入荷】2016年6月 その1

【新入荷】2015年12月その1 『ヴィトフスカ2010』リリースです!

【新入荷】2015年11月その3 & パオロ来日!!

【新入荷】2015年7月その1&2

造り手からのオッティマーナ感想文 その1

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その3(2014.10筆)

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その2(2014.10筆)

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その2-序章(2014.10筆)

【新入荷】2014年10月その1

【新入荷】2014年5月その2&3

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その1(2011.11筆)

2009/4/10 Vodopivec ヴォドピーヴェッツ

2017-07-26

【新入荷】2017年7月 その4

先々週末は京都、先週は奈良、今週は種子島と屋久島、島から帰ってきたと思ったら長崎からの刺客がつくばに、そしてその数日後には再びイタリア出張、そして帰国の3ヶ月後にはヴィナイオッティマーナ…2017年も目も眩むような速さで過ぎ去ってしまいそうな予感…。そんな感じで日々忙しく過ごし、仮にやらなければい ... 続きを読む

2017-03-17

【新入荷】2017年3月 その3

先日京都は丹後地方に飯尾醸造さんというお酢の造り手を訪ねに行ってきました。お酢自体のクオリティもさることながら、会社(今気がついたのですが、会社って漢字を逆から書くと社会…ふ、深い…)として本当に素晴らしいお仕事をされているなぁという印象を持ちました。 まがい物を一切使わない伝統的な製法で米酢造り ... 続きを読む

2017-03-06

【新入荷】2017年3月 その1

態勢そして体制を整えることも叶わずに2017年も2ヶ月が終わってしまい、3月はイタリア出張やらなんやらで腰を据えて仕事できるのはもう10日もない…月初からそんな事実を突き付けられ、まあまあ愕然としちゃってるオータです。イタリア出発までにつくばで仕事をできるのはあと3日…果たしてメルマガ2本書くこと ... 続きを読む

2017-03-03

【Vodopivec】パオロ ヴォドピーヴェッツ氏インタビュー(2015年12月来日時)

みんな大好き、ストイックだけど意外と気さくな孤高の天才、パオロ ヴォドピーヴェッツに対して行われたインタビューをUPしました!(2015年12月来日時) ボーラ(強風)が吹き荒れる岩だらけの過酷な土地、カルソに向き合う覚悟や、アンフォラを探しにジョージアに行ったエピソード、そして昨今巷で記号化してい ... 続きを読む

2016-06-20

【新入荷】2016年6月 その1

ロマーノ レーヴィのグラッパの仕入れを除けば、ヴィナイオータ史上最高の仕入金額だった先日のラディコンのワインですが、2週間ほどで入荷量の約8割にあたる本数が旅立って行きました…。さすがにここまでのリアクションは予想しておりませんでした。 ラディコン鬼出荷が終わったと思いきや、ラ ビアンカーラが入 ... 続きを読む

2015-12-09

【新入荷】2015年12月その1 『ヴィトフスカ2010』リリースです!

11/20から約2週間、パオロ ヴォドピーヴェッツと全国行脚をしてきました。うちの造り手の中でも図抜けて体力、集中力、好奇心に富んだ男なので、予定を詰め込めるだけ詰め込んでみました。日常の(激しい)業務に加えて、某ワイン雑誌への寄稿(お楽しみに!)の締め切りも重なり、パオロの来日前は余裕など全くなく ... 続きを読む

2015-11-18

【新入荷】2015年11月その3 & パオロ来日!!

倉庫があまりにも手狭になったため、僕の個人的なワインの引っ越しを始めました。引っ越し先で、2-3年間フリーズさせる予定ですので、その間に飲みたくなりそうなものはよけて…などとやっていますと、整理&選定に膨大な時間がかかりまして…。とりあえず5-6000本ほどは移動させたのですが、まだまだ“ほ ... 続きを読む

2015-06-24

【新入荷】2015年7月その1&2

帰国後2週間をかけて、ほぼ全ての造り手に感謝&今年の仕入れ計画メールを送りました。約60軒にメールを1通ずつ書くだけでもまあまあ大変なのですが、途中で造り手から返事も返ってきて(当然ですよね)、それにも返事をしなければならず…長い道のりでしたが、それも概ね片付きまして、8-11月に入荷するワ ... 続きを読む

2014-12-19

造り手からのオッティマーナ感想文 その1

オッティマーナのツアーの最中は、毎晩宴が催されるわけですが、ほぼ毎回、僕がみんなの前で一席ぶたねばならず…(突如、誰からともなく、Discorso!Discorso!(演説、スピーチの意)の声があがるんです…)。そんな小粋なネタが、毎回その瞬間に湧いて出てくるわけもなく、タダでさえ精巧とは言えない上 ... 続きを読む

2014-10-20

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その3(2014.10筆)

先を急がなければいけないのですが、何かを込めずにはいられないオータです(笑)。 今回はちゃんとパオロのワインの話、書きます!! バックヴィンテージワインがが出てくることになった、パオロ側の事情を07&08&09ワインのお話しとともにさせていただきます。 2007年はいろいろな意味で特 ... 続きを読む

2014-10-20

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その2(2014.10筆)

3年前に書いたヴォドピーヴェッツその1、何度か読み返してみたのですが、”みなさ〜ん!こんな凄い奴のワインをスルーしていて、本当にいいんですか?歴史に証人になれるんですよ!!”というメッセージが端々ににじみ出た、悲痛&熱苦しい文章ですね、我ながら(笑)。 今現在の日本でのパオロのワインの愛され ... 続きを読む

2014-10-17

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その2-序章(2014.10筆)

2011年のヴィナイオッティマーナを境に、日本のワインマーケット内での認識や立ち位置が劇的に変わった造り手は?と聞かれたら、迷わず“2014緑”11月来日のヴォドピーヴェッツと“2015赤”2月来日のラディコン(あ、書いちゃった!笑)と答えるでしょう。 オッティマーナ以前も、テロワール、ヴィンテージ ... 続きを読む

2014-10-07

【新入荷】2014年10月その1

考えては書き、書き終わったと思ったら書くべき別の事柄が現れ、また考えては書き…週刊誌に連載を持っている全ての人を尊敬したいオータです…。引き取っても引き取っても、港には引き取らなければならないワインが常に3コンテナー分あります…どうしたら良いのでしょうか??僕の個人的なワインで、ケースでまとまってい ... 続きを読む

2014-05-12

【新入荷】2014年5月その2&3

本当に忘れていたのですが、今回のイタリア出張中にインタビューを受けました。その時の映像が最近ネット界で見れちゃったりしまして、これがまた非常に恥ずかしーいっ!!!普段から言っていることをしゃべってはいるのですが、自分の話すあまりにも稚拙なイタリア語を今後の為にと我慢しつつ見ていても、“あーーっ!”と ... 続きを読む

2011-11-21

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その1(2011.11筆)

とことん努力する天才パオロ パオロ ヴォドピーヴェッツです!イケメンです!見た目だけではありません、中身も超かっこいいんです!!曲がったことが大嫌い、ワインに関する一切の妥協を拒否、労を惜しまず、リスクを恐れず、若さ(絶対的な経験の少なさ)を精細に観察することでカバー…Mr.ストイックです。 軽々 ... 続きを読む

2010-03-16

2009/4/10 Vodopivec ヴォドピーヴェッツ

ほんの数年前まで、僕たち外国人がスロヴェニアに行くためには、決められた国境を通らなくてはならなかったのですが、今はどの道を通っても良くなりました。 というわけで、ゴリーツィアに戻らずに、一般道でヴォドピーヴェッツを目指します。 無人の国境 まずは畑を見に行きました。 イケメンパオロはウルトラ完全主 ... 続きを読む

関連記事