toggle
2022-10-06

造り手紹介 Daniele Piccinin / ダニエーレ ピッチニン

造り手:Daniele Piccinin / ダニエーレ ピッチニン
人:Daniele Piccinin / ダニエーレ ピッチニン
産地(州):ヴェネト
ワイン:Arione, Rosa per Voi, Bianco Muni, Montemagro, Pinot Nero
所在地:via Governi 4 – 37035 San Giovanni Ilarione | VR -Italia<map
Web:https://www.instagram.com/piccinin.daniele/

若くして友人と始めたレストランでソムリエとして働いていたダニエーレ ピッチニン(1980年生まれ)の人生は、2003年(23歳のとき)に偶然試飲したアンジョリーノ マウレ(ラ ビアンカーラ)のワインによって大きく動き始めました。今まで自分が扱ってきたワインと全く違う世界観で造られているワインの味わいに驚き、それが何から生まれているのかを知るために、休日にアンジョリーノ(当時50歳)のワイナリーを訪れ、畑仕事や醸造の手伝いをするようになります。その中でアンジョリーノから言われた「ブドウを潰したらワインになるんだよ」という言葉は、現代醸造で必要とされている工程や化学的な加工用の調剤がなくともワインを造ることができることを改めてダニエーレに気付かせ、醸造がシンプルなだけに逆に底が知れない奥深さがあるワイン造りに魅了されるきっかけとなりました。

ワイン造りで生きていくことを決めたダニエーレの行動は早く、2006年にレストランの権利を売却しワイナリーのスタートを切りました。祖父が生まれ育ったムーニ地区(ビアンカーラがあるガンベッラーラから北に20kmほど、サンジョヴァンニ イラリオーネ郊外)の自宅近くの自分で開墾した畑にドゥレッラ、ムーニよりも標高が高い畑にピノ ネーロを植え、標高350mの樹齢20年ほどのシャルドネ、ドゥレッラ、カベルネ、メルローが植わった借りていた畑でブドウを収穫、自身の初めてのワインを醸造しました。2009年まではアンジョリーノの醸造設備を借りていたが、2010年ムーニにワイナリーが完成したため、以降はすべての作業を自らのワイナリーで行っています。

2011年に日本で開催されたヴィナイオッティマーナでロレンツォ コリーノと初対面。帰国後すぐにワイナリーを訪問し、ブドウ栽培とワイン醸造の両面で大きな影響を受けます。2012年ヴィンテージに、初の発泡性ワインとなるクアットロヴェンティ(現アリオーネ)を生産。現在では標高300~550mに点在する石灰質土壌の7ヘクタールの畑にて、ドゥレッラを中心にシャルドネ、ピノ グリージョとピノ ネーロ、黒ブドウに関してはメルローやカベルネの栽培は止め、この地域の土着品種を栽培しています。

<ワインラインナップ>

 

● Spumante Brut(スプマンテ ブリュット)
品種:ドゥレッラ

鋭い酸が特徴のドゥレッラで造るスプマンテ。標高の低い、収穫時期が若干早い区画の中で、熟度的に最も手前のブドウをこのワインに使い、それよりも熟度の高いものをムーニに、そして選りすぐりのものをモンテマーグロに使用する。

ステンレスタンクで半年間の醗酵&熟成。同年のドゥレッラの一部を陰干しし、干しブドウのモストをタンクで熟成させていたドゥレッラにブレンドしボトリング。2年間シュールリーの状態として、瓶内2次醗酵を促す。

 

●Rosa per Voi(ローザ ペル ヴォイ)
品種:ピノ ネーロ、ドゥレッラ

ダニエーレ曰く、ローザ ペル ヴォイ(“皆さんに一輪のバラを”の意)は、2019年、困難なパンデミックの時期を共に生きる皆さんと何かを分かち合いたいという欲求から生まれたワイン。

ブドウはピノ ネーロ90%、ドゥレッラ10%で、どちらともダイレクトプレスのブドウを使用している。ピノ ネーロは樽で、ドゥレッラはステンレスタンク発酵&熟成。これら2つのワインをブレンドする際に、ドゥレッラの干しブドウのモストを添加しボトリング、12ヶ月の瓶内2次発酵後に澱引きをしたワイン。

 

●Bianco Muni(ビアンコムーニ)
品種:シャルドネ、ドゥレッラ

シャルドネ60%、ドゥレッラ40%。シャルドネは収穫、除梗し、皮ごと24時間マセレーションを行った後に圧搾、ステンレスタンクで醗酵。ドゥレッラはプレス後ダイレクトにステンレスタンクで醗酵(ドゥレッラの持つ色素が酸化しやすいという特性があるため、マセレーションの仕方については未だ模索中)。10か月間木樽で熟成の後にボトリング。

 

●Montemagro(モンテマーグロ)
品種:ドゥレッラ

レッシーニ山脈で1000年以上前から栽培されていたことが確認されているブドウ品種ドゥレッラ。オリジナルの名前は「duracino タフなブドウ」で、遡るとラテン語からきていることが分かっている。別名で「Rabiosaラビオーザ」(過激な)と呼ばれ、しっかりとした酸と強いタンニンが特徴的で、この地域では発泡性ワインが多く造られてきた。真に完熟したドゥレッラであれば熟成のポテンシャルをもった偉大な白ワインが生み出せるはずだと考えたダニエーレは、創業当初からドゥレッラ中心のワイナリー作りを進めてきた。

「Montemagroモンテマーグロ(痩せた山)」は、ドゥレッラを植えられている畑が乾燥して痩せた土壌であることから名付けられた。樹齢60年のブドウ樹よりブドウを収穫、数日間皮や種ごとの醗酵を行い、圧搾後半分をステンレスタンク、半分を2500リットルの大樽に入れ、醗酵の続きと熟成を10か月間行う。すべてを一度合わせた後にごく少量の二酸化硫黄を添加、ボトリングされ、約8か月間の熟成を行いリリースされる。

●Pinot Nero(ピノ ネーロ)
品種:ピノ ネーロ

ワイナリー創業時に土壌、気候が合っていると感じて標高550mの畑に植えられたピノ ネーロ。彼が植えているブドウの中でヘクタールあたりの収穫量が最も少なく、恐ろしく凝縮したブドウから生産されている。木製の開放醗酵槽で30日間マセレーションとアルコール醗酵を行い、圧搾後2000リットルの大樽にて醗酵の続きと熟成を10か月間行う。

関連記事