toggle
2018-08-21

ヴィナイオータかわら版 ~ 岸本編 その弐 ~

スタッフの “ 飲んでもらいたい ” ワイン紹介!!
岸本(関西支部)編 その弐

Baloro Chinato バローロ キナート(Cappellano カッペッラーノ)

元気100倍!イタリアン・エナジードリンク!

夏にぴったりなワインはないものか??と真剣に在庫を確認しておりましたが、ありました!!

ピエモンテの偉大な生産者カッペッラーノが造るバローロがベースのリキュールです。カッペッラーノの熟成したバローロが主原料なんですよ!めちゃくちゃ贅沢だと思いませんか??ちなみに今回のロットは2013年のバローロが使われております。

1870年創業のカッペッラーノは、バローロの一部の地域に60ヘクタールというとんでもない広さの畑を所有していました。今ではほとんどを手放し数ヘクタールの畑で、現当主アウグストによって4種類のワインが造られています。

バローロ キナートは、薬剤師であった2代目のジュゼッペが生み出した、バローロをベースに砂糖、スピリッツ、キナノキの樹皮、ルバーブやリンドウの根、カルダモンの種などのハーブやスパイスを漬け込んだ薬効酒(リキュール)で、一子相伝、門外不出の手書きのレシピノートに則って、造り始めた当時から使われている機材を用いて生産されています。ワイナリーには1905年や1947年などの歴代キナートのボトルが飾られ、カッペッラーノの長い歴史を象徴する存在となっています。

キナノキは南アフリカが原産地のアカネ科キナノキ属の常緑高木(または小高木)で、樹皮からマラリアの特効薬となるキニーネが生産されるため、世界中に広がりました。元々の効果として強壮、健胃、解熱、鎮静などがあり、彼らの地域でも150年前から、滋養強壮によく効く常備薬用酒として生み出され、根強いファンを獲得してきました。なんか聞いたことがありますね、そう、「家庭に1本!」薬用養命酒みたいです。

味わい的には、スパイシーなバローロというよりはイタリアのリキュールのアマーロの方がイメージに近いかもしれません。特徴的なスパイスの香り、力強いバローロの味わいとリッチな中盤、そしてキナートの最も美しい部分!様々な要素が複雑に絡み合っているのに澄み切っている余韻!なかなか終わらない、、、どこまで続くんだーー、、、、悶絶です!も・ん・ぜ・つ。。。
こんなに素晴らしいお酒をヴィナイオータで取り扱えることが光栄を通り越して、もう誇りです、誇り(涙)!!

なんでこんなに暑いのにバローロなんだ!と言う声が聞こえてきそうですが、、毎日暑----いこの季節、どうしても冷たいものが飲みたくなってしまいますよね?でも冷たいものばかり飲んでいると胃腸が弱ってきてしまいます。。そんな時にキナートを飲んでいただきたい!!!!冷房で冷えた身体を温め、弱った胃腸も回復!食欲が湧いてきますよ(※個人の感想です!)!

もちろんそのまま飲んでもらうのが一番ですが、僕のお気に入りはキナートのソーダ割りにバニラアイスをちょこっと。「大人のコーラフロート」の完成です!!!笑っちゃいますがホントにめちゃくちゃ美味しい!!あとはチョコレートとも相性抜群です!

元気100倍!イタリアン・エナジードリンク!!バローロ キナート!

是非お試しください!!

≪岸本の飲んでもらいたいワイン紹介≫
バローロ キナート
造り手:カッペッラーノ
産地:イタリア、ピエモンテ州
ブドウ:ネッビオーロ
希望小売価格(税抜) : 500ml¥5,600 750ml¥7,800

●生産者紹介は以下リンク先より
http://vinaiota.com/category/cappellano

関連記事