toggle
オータしゃちょうの風雲録

造り手紹介 カンティーナ ジャルディーノ その2(2015.1筆)

カンパーニア州のカンティーナ ジャルディーノ行きます!! チーム カンティーナ ジャルディーノ!この6人が共同出資して始まったワイナリーです。 今回は、出資者6人のうち、なんと5人が来日です!!発足して以来、メンバー全員で旅をしたことは今まで一回もなく、今回のほぼ全員での来日は、ボーナス旅行的な意 ... 続きを読む

造り手紹介 ステーファノ レニャーニ

お次は、新規取引の造り手になります!! オッティマーナ赤の来日生産者にその名を見つけて、おっ!と思われた方もいたのではないでしょうか。他社インポーターさんからヴィナイオータへと電撃移籍を果たした、リグーリア州サルザーナで小さなワイナリーを営む、ステーファノ レニャーニです!! あ、念のためですが、略 ... 続きを読む

造り手紹介 フランク コーネリッセン

お次は、東京会場のみ参加のフランク コーネリッセンです!!! この仕事をやっていて、一度持たれてしまったイメージを覆すことというのは、非っ常に難しいことなんだと痛感させられたのは、やはりフランクのワインを通してということになるのでしょうか。 デビュー当初は、ワイン界のアナーキスト扱いだった彼も、いつ ... 続きを読む

造り手紹介 ダニエーレ ピッチニン その2(2015.1筆)

外見も中身もかっちょ良すぎる男にして、間違いなくイタリアワインの将来を担う1人、ダニエレ君こと、ダニエーレ ピッチニン行きます!! あ、ちなみに彼は僕の事をオータサンと呼びます…。 2011年のヴィナイオッティマーナでは、ダニエレ君にカーゼ コリーニのロレンツォ コリーノと天才パオロ ヴォドピーヴェ ... 続きを読む

造り手紹介 イル カンチェッリエレ その2(2015.1筆)

次はカンパーニア州のイル カンチェッリエレ行きます! 彼らのワイナリーがあるイルピーニアというゾーンで栽培されている赤ワイン用品種アリアーニコは、ギリシャ人によって紀元前6-7世紀に持ち込まれたと言われています。つまり、ローマ人が訪れる前からワインが生産されてきた、非常に歴史のあるゾーンなのです。 ... 続きを読む

造り手紹介 ブレッサン

これは!!!という造り手に出会わない限り、新しい造り手はやらない!と宣言したのは2012年7月でしたが、2013年の春にドメーヌ ド ミロワールに引き続き、取引を決めたのが今回紹介するブレッサンです!!! 取引することになる経緯も、なかなかにヴィナイオータらしいです。毎回タイトなスケジュールな僕のイ ... 続きを読む

造り手紹介 アリアンナ オッキピンティ その2(2015.1筆)

3年前に、盟友サノヨーコが書いてくれたアリアンナ オッキピンティの紹介文を改めて読んでみましたが、今ではあの当時よりも更に有名に、もはやイタリアのナチュラルワイン界のアイコンとでも呼ぶべき存在になり、そのせいで一部では3年前以上に妬み嫉みの対象になっているような気が(笑)。ワインを造り始めてから10 ... 続きを読む

造り手紹介 ダヴィデ スピッラレ その2(2015.1筆)

よくよく考えてみると、2011年11月くらいを境に日本での認知のされ方(その結果として、飲まれるワインの量)が劇的に変わったヴィナイオータ取扱いの造り手、ヴォドピーヴェッツやラディコン以外にも沢山いますね(笑)。 2014ヴィンテージでプロとしてはなんと9仕込目(アマチュア時代もあるんです!)の27 ... 続きを読む

造り手紹介 ドメーヌ デ ミロワール

ジャンジャン記事を上げていきたいところですが、過去の資料を整理して、各造り手毎にまとめたファイルを作成するだけでも2-3時間かかってしまいました…。 お次は、鏡健二郎&真由美さんのワイナリー、ドメーヌ デ ミロワールの紹介に行きたいと思います!! 先日再アップした記事は、2年前、彼らの初荷が ... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9