toggle
2016-04-09

Le Boncie / レ ボンチエ

造り手:Podere Le Boncie / ポデーレ レ ボンチエ
人:Giovanna Morganti / ジョヴァンナ モルガンティ
産地(州):イタリア トスカーナ州
ワイン:Le Trame、Cinque”5″
所在地:5, Strada Delle Boncie – 53019 San Felice (SI) – Italia <Map>
Web:http://www.leboncie.it/

Le Boncie_ba_01

レ ボンチエはキャンティ クラッシコ地区の南端、カステルヌオーヴォ ベラルデンガの標高360mに位置するワイナリーで、ジョヴァンナ・モルガンティによって営まれている。粘土質石灰土壌の3ヘクタールの畑では自然農法を実践するだけでなく、施肥を行なわず、マメ科の植物などを緑肥として蒔き、それらが自然に堆肥化したものを利用している。ブドウ樹はこの地方では珍しい低めのアルベレッロ仕立てで、ヘクタールあたり7400本という高密度植樹にて栽培。収穫は全て手作業で行なわれ、ブドウには細心の注意を払い小型の箱に入れられワイナリーまで運ばれる。その後彼女の小さな身体でも手で直接ピジャージュ※(醗酵途中の攪拌)できるようにしつらえた、小型の開放式木製の発酵槽で野生酵母によるアルコール発酵を行なわせ、500-1500リットルとさまざまな容量の樽へと移し替えられる。そして約15ヶ月の熟成の後、若干量の2酸化硫黄を添加しノンフィルターでボトリング。年生産12000本。

【※ピジャージュ:仏(醗酵途中の攪拌) フォッラトゥーラ:伊 パンチングダウン:英】
赤ワインの醸造では、果汁に果皮と種を漬け込み醗酵させた後、果皮と種を取り除きさらに醗酵させるのが一般的です。最初の醗酵が始まるとともに2酸化炭素のガスが発生して、果皮(果肉)や種は液面に持ち上げられ果帽(カッペッロ:伊 マール:仏 キャップ:英)と呼ばれる分厚い蓋状の層となります。この果帽はぴったりと液面を覆ってしまうことから酸素の循環が滞り、微生物汚染や醗酵不良、色素やタンニンの溶出不足の原因となってしまいます。それらを防ぐために、果帽の表面が乾燥しないように常に果汁に触れさせ、果汁全体に酸素を十分に与え酵母の働きを助ける作業(キャップ マネージメント)が必要となるのです。
その作業の1つであるピジャージュは、人間の足や櫂棒を使って果帽を果汁中に押し込む方法です。ワイン醸造に機械が導入される以前から行なわれてきたもので、主に木製の開放醗酵槽で醗酵を行なう造り手が用いています。伝統的スタイルである開放状態での醗酵は、イタリアでも行なわれることが少なくなりましたが、果汁を密閉しないことで必要となる野生酵母や酸素が常に供給されるもっともシンプルな方法で、醗酵が早いタイミングから始まり、温度管理しなくとも醗酵温度が全体的に低くなることも特徴です。しかしその一方で、醗酵中にショウジョウバエなどが果汁に飛び込み微生物汚染の危険性を高めてしまうことにもなるのですが、ジョヴァンナは布カバーを自作してこれをガードしています(写真)。また果帽に直接人間の足や櫂棒をぶつける方法のため、粗めのタンニンのワインとなるともいわれますが、醗酵がゆっくりと行なわれるために自然にロングマセレーションとなり、アロマを失うことなく多くのエキスやタンニンが抽出されるのです。
大きな容量の醗酵槽では果帽の量が多くなり、人間の力で突き崩すのが難しくなることからその場合にはルモンタージュ(ポンピングオーバー)を用いることが今まで一般的でしたが、大型のステンレスタンクに設置できる自動ピジャージュ装置もすでに実用化されているようです。逆に手作業の場合には押し込むことにかなりの力が必要で、発生する炭酸ガスで酸欠状態になって意識を失ってしまうこともあり、危険を伴う大変な作業だといえます。身体も小さく力も弱いジョヴァンナは大きな開放醗酵槽でのピジャージュは無理だと考え、自分用の小型の木製醗酵槽を特注したそうです。

2016-10-31

【新入荷】2016年10月 その4

来日のタイミングでワインもちゃんと間に合わせました! レ ボンチェからは、5(チンクエ)の2014年とレ トラーメの2013が入荷です。ブドウの品質的には素晴らしかった2013年ですが、2012年というストレスフルなヴィンテージの翌年ということもありブドウ樹がなんらかのトラウマを感じていたのか、収 ... 続きを読む

2016-10-24

みんな集合!レ ボンチエ来日!!

皆さん、いつもヴィナイオータのワインをご愛飲いただきましてありがとうございます。 ヴィナイオータ関西支部長の岸本です。 先日東京で開催されました「特大!食べる試飲会2016」にご参加くださった皆さん、 行きたいと思ってくださった皆さん、お手伝いくださった皆さん、ありがとうございました! ... 続きを読む

2015-12-30

【新入荷】2016年1月その1

とうとう今年最後のメルマガとなってしまいました!本年も皆さんには大変お世話になりました。時の流れるスピードも、その濃密さも増す一方なヴィナイオータですが、今年もなかなかに激しかったです…。2月のヴィナイオッティマーナが、ものすごい昔の事のように思えます(笑)。2016年も、ワインの持つ熱の部分を冷め ... 続きを読む

2015-03-05

【新入荷】2015年3月その1

本当に嵐のような4か月でした…いくら寝ても眠気は取れず、気も緩んだのか少々風邪もひいてしまったオータです。 2014年11月と2014年2月に分けて行われたヴィナイオッティマーナですが、おかげさまでどの会場も盛況のうちに終える事ができました。お客様としてご来場いただいた方、出店してくださった方、スタ ... 続きを読む

2014-09-04

【新入荷】2014年9月その1&2

今年は、ほぼ全イタリア的に雨の多い年で、今夏も気温の高い日があまりなかったようで、収量的にもブドウの品質的にも難しい年になりそうです。ヴェネト州は雹害も激しく、弊社の造り手ですと、ダヴィデ スピッラレとラ ビアンカーラは甚大な被害を被りました。ダヴィデで通常の半分以下、ラ ビアンカーラに関しては、5 ... 続きを読む

2014-05-12

【新入荷】2014年5月その2&3

本当に忘れていたのですが、今回のイタリア出張中にインタビューを受けました。その時の映像が最近ネット界で見れちゃったりしまして、これがまた非常に恥ずかしーいっ!!!普段から言っていることをしゃべってはいるのですが、自分の話すあまりにも稚拙なイタリア語を今後の為にと我慢しつつ見ていても、“あーーっ!”と ... 続きを読む

関連記事