toggle
2016-04-10

Canonica / カノーニカ

造り手:Canonica / カノーニカ
人:Gianni Canonica / ジャンニ カノニカ
産地(州):ピエモンテ州
ワイン:Barolo、Langhe Nebbiolo、Barbera d’alba
所在地:Via Roma, 47 – 12060 Barolo (Cn) – Italia <Map>
Web:http://www.agriturismoilquartostato.it/

Canonica_ba_01

最良のバローロの造り手

ジャンニ カノーニカが1983年より始めたワイナリー。2種類のバローロ(パイアガッロ、グリンツァーネ カヴール)とランゲ ネッビオーロ、バルベーラ ダルバを生産するが、彼自身が納得しない年のワインは自らボトリングをせず、桶売りしてしまう。畑ではボルドー液以外の一切の薬剤を使用せず、ワイナリーでもボトリング時にごく少量使用されるニ酸化硫黄以外、何も添加される事がない。
伝統的なバローロのスタイルである長期間のマセレーションを実践、大樽での熟成の後、ノンフィルターでボトリングを行う。ジャコモ コンテルノのジョヴァンニ コンテルノ、ジュゼッペ リナルディなど、偉大なバローロ生産者達とも親交が深く、あのグラヴナーをして、“最良のバローロの造り手”と言わしめた人物。

2002年ヴィンテージ以降は全てを自家ボトリング。醗酵はグラスファイバー製の醗酵槽で野生酵母のみで(SO2添加はなしで)温度管理をせずに行い、マセレーションの期間は1ヶ月に及ぶことも。圧搾後、乳酸醗酵が終了するまでセメントのタンクで保存、その後、大樽へと移され、2-3年の熟成の後、若干量の酸化防止剤を添加して、ノンフィルターでボトリング。

2003年はイタリア全土が猛暑、雨の恐ろしく少ない年です。そのためいろいろな造り手を飲んでみると、アルコール感が高く、酸の少ないものが多いように思います。これは他の年と同じように造った、もしくはアルコールと果実に頼ったためだと考えます。それに対してカノーノカのバローロは揮発酸(文字通り揮発性のある酸、グラスに鼻を近づけると少し酸の香りが自然に上ってきます)がバリバリ、果実もあるけどそれ以上に酸がある感じ。飲んでみると酸が果実を抑え込んでいるためバランスが良く、硬さもなく、やたら飲みやすく感じます。しかし実際には酸があるということで熟成の可能性が十二分にあるわけです。

謙虚、実直、誠実・・・ジャンニ本人にも彼のワイン自体にもいえる事。バローロを名乗れるゾーン内は開発(開墾)できるだけしてしまった結果、森が少なくなり、生態系のバランスが崩れたせいか、変な害虫がいろいろ発生するようになっちゃったと話すジャンニ。”バローロ”という名前のワインをたくさん造ろうともくろむ人が開墾、当然セラーも大きくする必要が出て設備投資、量を造りたいから肥料もたくさんまくでしょうし、病気が出られても困りますから農薬も。森がなくなっちゃったら害虫発生、対その害虫の農薬・・・、再び始まる消費の連鎖、おそるべし。

Canonica_ba_02

Canonica_ba_03

2017-03-11

【新入荷】2017年3月 その2

バローロの良心、ジャンニ カノーニカからは、バローロ2012、バルベーラ2014、ネッビオーロ2015が届いています。生産量が多かろうが少なかろうが、弊社には必ず一定量(割合)を取っておいてくれる律儀なカノーニカ、現地でも知る人ぞ知る的存在だったりします。弊社のワインが一番まとまった本数であるとい ... 続きを読む

2016-03-04

【新入荷】2016年2月その3

先日来日したデ バルトリ家の次男セバスティアーノと鎌倉の銭洗弁天に行ったのですが、「お金がもっと入ってくるように」ではなく、間違って「お金が(税金という名の下に)あまり出て行かないように」とお願いしてしまったオータです。 秋田から青森へと向かう鈍行列車(特急列車、乗り逃しました…)の中でこの文章を書 ... 続きを読む

2014-05-01

【新入荷】2014年5月その1

今この瞬間、今回の新入荷ワインが弊社倉庫に搬入されているのですが、人手も十分、手持無沙汰なので本文章を書くことにしたオータです(笑)。 4日前にイタリアから帰ってきまして、今回は3年振りに2つのサロンに参加してきました。ラ ビアンカーラのアンジョリーノが主宰を務めるヴィン ナトゥールのヴィッラ ファ ... 続きを読む

関連記事