toggle
2015-11-30

Panevino / パーネヴィーノ

造り手:Panevino / パーネヴィーノ
人:Gianfranco Manca / ジャンフランコ マンカ
産地(州):サルデーニャ
ワイン:Girotondo、Pikade、Alvas…等(ほぼ毎年新しいワインがリリースされるので恐らく一番多くのワインがあります)
所在地:Localita Perda Coddura、08035 Nurri | CA – Italia <Map>

現当主ジャンフランコ マンカは、代々受け継がれてきた畑でのブドウ栽培を1986年から彼自身で手がけ始め、1994年からは公式にワイナリーとしての活動を始める。標高450mから700mまで、土壌も火山岩質から粘土-片岩質と様々な特性の、5つの区画に合計3ヘクタールの畑を持ち、サルデーニャの土着品種を栽培する(カンノナウ、ムリステッル、カニュラーリ、カリニャーノ、モニカ、モレットゥ、ジロ、モスカート、マルヴァジーア、ヴェルメンティーノ、セミダーノ、ヌラーグス)。樹齢も品種、区画によっては100年を超えるものも。年生産量7500-9000リットル。大地、人、その他の生命に対して最大限の敬意を払うべく、畑では一切の施肥を行わず、畑に自生する草を鋤き込むことで緑肥として利用しているほか、ボルドー液さえも使用せず、細かい粉末状の土と硫黄を混ぜたものを農薬代わりに6月に1度(年、畑によっては一度も撒かない)する以外には一切何も畑には散布しない。ワイナリーでも、醸造からボトリングまでの全ての工程で一切の薬剤を使用しない。

ワイン生産以外に、パン屋も生業としており、地元の無農薬の粉を使い、代々受け継いできた自然発酵種(小麦粉が勝手に醗酵したもの、とでも言えば良いのでしょうか)をもとにを、薪釜でパンを焼いている。ブドウ以外にもオリーヴ、野菜、フルーツ、穀物を栽培し、それらは彼が経営するアグリトゥリズモで供される。

Vini Liberi
panevino_message_001_02

Vini Naturali(ナチュラル ワイン)という言葉に対して、”そもそもワインとはブドウだけで造る、極めてナチュラルなものなわけで、ワインにナチュラルななどという形容詞を付ける事自体が間違っている”と言い放つジャンフランコが考え出した、ナチュラルワインでも、ビオワインでも、自然派ワインでも、有機ワインでもない言葉、それがVini Liberi(自由な、何の束縛もない、ブドウ以外の何物も使用しないワイン)。

いい言葉だと思いませんか?

2017-04-17

【新入荷】2017年4月 その2

先日、家族で浜松を訪れたのですが、そこにはビオ・アツミ エピスリー浜松というまさにスーパーなスーパーマーケットがあります。品揃えのえげつない事と言ったら…オータ家、一回のお買いものでウン万円使ってしまいました(笑)。生鮮食品、調味料、乾物、お酒、そしてお弁当&お惣菜、どこをとっても全く隙のないお店 ... 続きを読む

2016-09-02

【新入荷】2016年9月 その1

イタリアから帰国後、全くもって平常を取り戻せていないオータです。 子連れ、それも3人を連れての旅は、大人だけの旅の3倍は疲弊するということを学習しました…。とはいえ、僕たち(特にオータ妻)の労苦を慮り、そしてこの無謀な企てに対して最大限の敬意を払ってくれ、考えうる限りの心尽くしのおもてなしで各地の ... 続きを読む

2016-07-02

【新入荷】2016年7月 その1

日頃より格別のご愛顧をいただきありがとうございます。 今年の夏は草刈りに身を捧げると決めているオータです。 作物が植わっていない場所の草刈りは、植わっている場所の草刈りとはモティベーションの面で大きな差があるのですが、近い将来に“とある環境”を創出するためには必要な事なのだと自分に言い聞かせながら ... 続きを読む

2016-04-04

【新入荷】2016年4月 その1

先日、ナチュラルピクニックというイベントが福岡でありまして、弊社も参加させていただきました。日頃は日陰に回りがちな生産者に光を当てることに主眼を置いた、愛に溢れた本当に素晴らしいイベントでした。ワインであれ食品であれ、品質(味わい)が良いことはとても大切な事だと思うのですが、それだけでは不十分だと僕 ... 続きを読む

2015-04-01

【新入荷】2015年4月その1&2

ヴィナイオータを代表する造り手である、ラディコン、ラカステッラーダ、ヴォドピーヴェッツの白が枯渇するという、会社史上未曽有の事態がっ!欠品させてしまうことには心苦しさを感じつつも、ちゃんと飲まれているからこそ、このスピードでなくなっていく訳で…かつて“変”と言われていたものが、多くの人にとって“普通 ... 続きを読む

2014-06-12

【新入荷】2014年6月

イタリア出張中に滞ってしまったコンテナーの準備がひと段落つき、忙しいけど心穏やかな束の間を楽しんでいるオータです。とは言え、すっごい量のワインをオーダーしてしまいまして、ちゃんと支払えるのかちょっと心配になってきております…。 私事なのですが、ここ2年くらいのあいだに竹鶴酒造の石川杜氏を筆頭に、ワイ ... 続きを読む

2011-02-01

自由なワイン宣言 

自由な造り手による、自由な人のための、自由なワイン それは2011/1/26、藤巻さんとの漫才のようなツイート交換から始まりました。詳しくは藤巻さんと僕のツイートを見ていただきたいのですが、ツイッター自由なワイン連合なるものが結成されまして、自由なワインと冠にあるからには・・・ということで、僕が総長 ... 続きを読む

2010-08-04

パーネヴィーノ、ジャンフランコからのメッセージ その1

サルデーニャのお茶目なブドウ栽培農家ワイン醸造家パン屋アーティスト、ジャンフランコ・マンカのパーネヴィーノから新しいワインが届きました。 今回のワインには、 こんな感じでボトルのネックにカードが付いていまして、彼から(ワインから?)のメッセージが書かれています。 本当は日本語ヴァージョンもやろうか ... 続きを読む

2010-08-04

パーネヴィーノ、ジャンフランコからのメッセージ その2

Nel 2008… …PERO’…nospora!, PERO’ poi il caldo…PERO’ la siccita’…PERO’ dopo e piovuto… Un alternanza di eventi…PERO’ abbiamo vendemmiato, PERO’ poco, P ... 続きを読む

2009-03-19

2008/10/31、11/1 イタリア旅行記

10/31、朝5時ごろ起きて、5時半前にはバローロを出発。約2時間でミラノ・リナーテ空港に到着、レンタカーを返して、荷物の一部を空港で預けて、9時の飛行機で一路サルデーニャへ。日程が結構タイトだったので、本当はサルデーニャには行かないつもりだったのですが、アンジョリーノが弁護士の友達と一緒にパーネヴ ... 続きを読む

関連記事