toggle
新着情報

造り手紹介 トリンケーロ

ようやくオオトリにまで来ました!!でも、もう8時間で造り手達が来日です…。 このツアーが終わったら、2月のオッティマーナ赤2015まで2か月…また新たに造り手紹介文を書き始めないと…ひえええ。 今回紹介するのは、トリンケーロです!!!根拠はありませんが、サクサク書ける気がしたので取って置きました(笑 ... 続きを読む

造り手紹介 アールペーペ その2(2014.11筆)

5年前の記事には書かなかったことを補足的に書いていきます! ヴァルテッリーナというゾーンでは、ネッビオーロ、この地域ではキアヴェンナスカと呼ばれているブドウが栽培されています(他のブドウが植えられているという話を聞いたことがありません)。ネッビオーロというと、バローロとバルバレスコ!!となるかと思う ... 続きを読む

【新入荷】2014年10月その4&11月その1(Francesco Brezza,Pacina,Davide Spillare,La Castellada)

故アルド ビアンコ 造り手の来日が1か月後に迫り、造り手紹介の文章を一生懸命書いているのですが、前回の新入荷案内分とこの案内文のあいだ(2週間ありました)に、2生産者分しか書けなかったという事実に暗澹たる気持ちになっているオータです。ですが、絶対に10日前くらいまでには終わらせるつもりです!!今回 ... 続きを読む

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その3(2014.10筆)

先を急がなければいけないのですが、何かを込めずにはいられないオータです(笑)。 今回はちゃんとパオロのワインの話、書きます!! バックヴィンテージワインがが出てくることになった、パオロ側の事情を07&08&09ワインのお話しとともにさせていただきます。 2007年はいろいろな意味で特 ... 続きを読む

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その2(2014.10筆)

3年前に書いたヴォドピーヴェッツその1、何度か読み返してみたのですが、”みなさ〜ん!こんな凄い奴のワインをスルーしていて、本当にいいんですか?歴史に証人になれるんですよ!!”というメッセージが端々ににじみ出た、悲痛&熱苦しい文章ですね、我ながら(笑)。 今現在の日本でのパオロのワインの愛され ... 続きを読む

造り手紹介 ヴォドピーヴェッツ その2-序章(2014.10筆)

2011年のヴィナイオッティマーナを境に、日本のワインマーケット内での認識や立ち位置が劇的に変わった造り手は?と聞かれたら、迷わず“2014緑”11月来日のヴォドピーヴェッツと“2015赤”2月来日のラディコン(あ、書いちゃった!笑)と答えるでしょう。 オッティマーナ以前も、テロワール、ヴィンテージ ... 続きを読む

【新入荷】2014年10月その2&3(Borgatta,Vinicola Savese,Casa Coste Piane,Valter Mlecnik)

ボルガッタのエミリーオ(左)とビアンカーラのアンジョリーノ(右) 我が家&事務所は純木造建築なのですが、嵐の度に不具合が見つかります。窓枠の下や梁と壁の間から雨水が吹きこんだり、2011年の地震で若干ひびが入っていたのか、今回の台風では事務所の壁(半地下構造となっています)から浸水したり…。そんな ... 続きを読む

【新入荷】2014年10月その1(Vodopivec,Daniele Portinali)

  ダニエーレ ポルティナーリ(左)とダヴィデ スピッラレ(右) 考えては書き、書き終わったと思ったら書くべき別の事柄が現れ、また考えては書き…週刊誌に連載を持っている全ての人を尊敬したいオータです…。引き取っても引き取っても、港には引き取らなければならないワインが常に3コンテナー分あり ... 続きを読む

【新入荷】2014年9月その3&4(La Biancara,Radikon,Rogaska)

つい先ほど新入荷の文章書き終ったばかりのような気もしますが、まだまだ書かねばなりません。何しろ、もう2コンテナーが通関切れ間近で、9/6にはもう1コンテナーが入港しているそうなので…。 今現在の弊社在庫本数が7万本強で、倉庫内はほぼ満杯、それに3コンテナーに積まれているワインが合計4万本強、6回に ... 続きを読む

1 31 32 33 34 35 36 37 38 39 55