toggle
2016-12-08

Valter Mlecnik / ヴァルテル ムレチニック

造り手:Valter Mlecnik / ヴァルテル ムレチニック
人:Valter Mlecnik / ヴァルテル ムレチニック
産地(州):スロヴェニア共和国 ヴィパーヴァ渓谷
ワイン:ANA、REBULA、MERLOT、SAUVIGNONASSE、CHARDONNAY…等
所在地:Kmetija Mlečnik, Bukovica 31,5293 Volčja Draga, Slovenija <Map>
Web:http://www.mlecnik.eu/

mlecnik01

フリウリ ヴェネツィア ジューリア州からイタリアとの国境を越えて、車で10分程のヴィパーヴァ渓谷にワイナリーはある。
9ヘクタールの畑では、シャルドネ、レブラ(リボッラ ジャッラ)、ソーヴィニオナス(フリウラーノ)、マルヴァジーア イストリアーナ、ピネラ、メルローを栽培し、年間約12,000本のワインを生産している。

mlecnik02

この地域は、まわりを山に囲まれたすり鉢状の泥灰質土壌で標高は50~120m程度、細かな気候条件の違いが見られる。社会主義国家時代に政府に没収されたヴァルテルの祖父の私有地であったブドウ畑を含む土地を徐々に買い戻し、1989年にそれまで桶売りしていたワインの自家ボトリングを始めた。当初より除草剤や殺虫剤といった薬剤や化学肥料を使用せずにブドウを栽培していたが、ヨスコ グラヴナーに出会った1993年以降は彼のブドウ栽培・醸造哲学に共鳴し、それを実践している。2005年からは厳格なビオディナミの生産者ですら使用する「ボルドー液」も使わない、ブドウ栽培を開始。
ひと株ごとの収量の制限、野生酵母による醗酵、温度管理・空気調節や清澄作業を行わずに醸造し、二酸化硫黄の使用も瓶詰め時にごく少量のみと、彼らの祖先が残した伝統と自然への最大限の敬意を持って、よりブドウそのものの個性やテロワールを反映した自然なワイン造りを目指している。

mlecnik03

Chardonnay

彼らのシャルドネは、我々がこのブドウに持つイメージを大きく壊してくれる。マセレーションにより得られたタンニンとブドウの複雑味、シャルドネの個性以上にワインとしての旨みの強さに驚かされる。約2年間大樽にて熟成(年によっては使い古した小樽も使用。)。ノンフィルターでボトリング。

Merlot

新たに買い足した畑とレンタルしている畑で造り始めたメルロー。2003年からワインとして仕込める収量となったがこの年は醸造的に難しくリリース出来なかったため、今回の2004年が初めてのヴィンテージとなった。フリウリのメルローに比べると、少し繊細で柔らかい印象だが、その奥行き、余韻は美しく素晴らしい仕上がりとなった。2004年は約3000本を生産、そのうち240本が日本に輸入された。

Ana

シャルドネ、ソーヴィニオナス、マルヴァジーア、レブーラ、(年によってはピネラ)で造られる、ヴァルテルのお祖母ちゃんの名を冠したワイン。2009年は6300本がボトリングされた。

2016-10-28

【ほぼ毎】ヴァルテル ムレチニック、バルバカルロ (2016年11月)

入荷と同時に瞬殺してしまうような造り手と比べて、クオリティ、個性、テンションなど、あらゆる点において遜色があるわけではないのに、イマイチ注目され切っていない造り手がヴィナイオータにもいたりします。一旦世に放たれれば、地味どころかド派手なはずなのに、ヴィナイオータのラインナップという超個性派集団の中 ... 続きを読む

2015-10-28

【新入荷】2015年11月その1

以前にも書いたと思うのですが、去年の春、ラ ビアンカーラのアンジョリーノがリーダーとして主催するサロン、ヴィッラ ファヴォリータで、とある僕のアイデアが採用されました。140生産者が参加するサロンで、1-2日で全ての造り手のワインを試すのは至難の業、ましてや日本人の僕は、うーんイマイチかな?と思って ... 続きを読む

2015-04-10

造り手からのオッティマーナ感想文 ムレチニック

僕自身の忙しさもあり、ほったらかしだった造り手からのオッティマーナ感想文ですが、4造り手から届いていますので、訳に取り掛かりたいと思います!!いまだ5造り手からは感想文そのものも頂けていませんが、なんとか4/22からの僕のヨーロッパ出張までに全て終わらせたいと思います!! イベントとしてのオッティマ ... 続きを読む

2014-10-16

【新入荷】2014年10月その2&3

我が家&事務所は純木造建築なのですが、嵐の度に不具合が見つかります。窓枠の下や梁と壁の間から雨水が吹きこんだり、2011年の地震で若干ひびが入っていたのか、今回の台風では事務所の壁(半地下構造となっています)から浸水したり…。そんな状況で暗澹たる気分なるかというとそうでもなく、むしろこの不都合さえも ... 続きを読む

関連記事