toggle
2016-11-29

Bartolo Mascarello / バルトロ マスカレッロ

造り手:Bartolo Mascarello / バルトロ マスカレッロ
人:Maria Teresa / マリア テレーザ
産地(州):ピエモンテ
ワイン: Barolo, Barbera d’Alba, Dolcetto d’Alba, Langhe Freisa
所在地:Via Roma,15 -12060 Barolo (Cn) – Italia <Map>

bartolo-mascarello01

バルトロの祖父バルトロメオ マスカレッロから、父ジュリオ、バルトロ、そして娘マリアテレーザと4世代に受け継がれてきたワイナリー。
その中でもバルトロ マスカレッロは、ランゲ地方のみならずイタリアワイン界の中でもカリスマ的な個性を放つ一人。バローロの造り手として頑なまでの伝統主義者で、父から引き継いだ職人の仕事をそのスタイルを変えることなく、可能な限り改良を加え洗練を与えてきました。
厳選されたブドウ、長期間のマセレーションと大樽による熟成を経た彼のバローロは、「(年数を)もたなければバローロでない。」という言葉通り、長期熟成に耐えうる酒躯を持つに至っています。

誤解を恐れず言わせていただきますが、バルトロ本人が造っていた時代のバローロと、娘のマリアテレーザが造るバローロ、僕的にはマリアテレーザのほうがワインとしての高みに達している気がしてます。ヴィンテージごとの個性をある程度把握しての比較だとしても、タイムマシンでもない限り、平たく比較できないことは承知の上で、前々から思っていました。
バルトロのワインは洗練されすぎているのに対し、テレーザのワインはエレガントであると同時に、ふくよかさというかブドウの強さ(ルスティックさともいえるかもしれません)も内包しているというかなんと言うか・・・。バルトロは清澄をしっかり行っていたようなのですが、テレーザは年によっては全くしないようで、それも原因のひとつなのではと僕は思っています。
偉大な先代をもった2代目は先代の恩恵にあずかれる事もあれば、その呪縛にから逃れることが難しかったり・・・、なんてことはどの世界でもあることだと思います。これは2代目、本人だけの問題ではなく、周りの人間の見方にも問題があったりするようです。
何年前かのヴィーニヴェーリでのこと、ラディコンがお客さんと話をしていたところ、その年参加しなかったマスカレッロの話になったらしく、お客さんが、”いなくても良かったんじゃないの。先代バルトロの頃の比べれば・・・”などと言えば、スタンコは、”お前、何にも分かっちゃいないな。バルトロよりも娘テレーザのほうがなんぼか攻めてるよ”と憤慨しながら言っていたようです。
ラディコン以外にも、トリンケーロ、チェッルーティも同意見だったようで、ちょっとうれしかったなぁ。
美味しんぼの中のエピソードで、てんぷら屋を継いだばかりの2代目が、常連のお客さんから”先代と比べるとちょっと・・・。もう少し頑張れ”的事を言われてしまうが、山岡さん的には遜色ないてんぷらを揚げているという話があります。山岡さんはその2代目がすんごい美味しいぬか漬けを作っている事を知って、そのぬか漬けをきっかけに常連の人に2代目もちゃんと仕事をしていることを認めてもらう・・・というオチだったのですが、今考えてみても含蓄があるというか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

偉大な先代と並び立つためには先代以上の仕事をしないといけない。伝統を受け継ぐ、ということが先人のやってきたことを盲従してやり続けるだけだとしたら、それは単に”守り”に入っているだけで、やがて閉塞してゆくだけなのだと思います。先人がやっていたことを一つ一つ疑問に思い、検証し、より良い解決方法があると思うのなら、軌道修正もする、これが正しい伝統の受け継ぎ方なんじゃないでしょうか。
13年前に訪ねた、某有名な改革派と呼ばれているバローロの造り手の家の額に、”伝統とは成功を収めた革新のことである”という文章が飾ってあったのを今でも良く覚えています。革新派が使っても伝統派が使ってもしっくりする、面白い言葉ですよね。
ただ僕的には、その革新を実現するために多大なる投資(人件費以外の)が必要なのだとしたら、僕の考える伝統からはかけ離れていくかと。

2017-06-23

【新入荷】2017年6月 その4

パルマの鬼グルメ、オッターヴィオから分けてもらった商品も数々の困難を乗り越えて入荷してきました。まずはニコリーニ!3-4年置いただけでどれだけ表現力が変わるのか、現行と比べていただければ明らかかと!色々入ってきているのですが、古いヴィンテージからリリースすることにしまして、売り切れ次第次ヴィンテー ... 続きを読む

2016-07-02

【新入荷】2016年7月 その1

日頃より格別のご愛顧をいただきありがとうございます。 今年の夏は草刈りに身を捧げると決めているオータです。 作物が植わっていない場所の草刈りは、植わっている場所の草刈りとはモティベーションの面で大きな差があるのですが、近い将来に“とある環境”を創出するためには必要な事なのだと自分に言い聞かせながら ... 続きを読む

2015-06-03

【新入荷】2015年6月その1&2&3

不在中の案内文を2本書くということは、冒頭の挨拶文も2本書くということで…これって結構大変ですね(笑)。書いている瞬間には、ホットな話題だとしても、その文章が日の目を見るのが1か月以上後なわけで…とはいえ、イタリア出張中に書くことなど絶対不可能なので、今書いちゃいます!! 実はなのですが、ほんの少し ... 続きを読む

2014-08-09

【新入荷】2014年8月その1&2

各業界に半沢直樹のような人間が2~3人位いたら、それだけで世の中結構素敵なことになるんじゃないかと新作を読みながら思うオータです。 弊社倉庫に最近、“Via Barbacarlo(ヴィア バルバカルロ)”、バルバカルロ ストリートとでも呼ぶべき場所ができました。その通路に入ると右も左も通路最奥まで全 ... 続きを読む

関連記事