toggle
新着情報

【新入荷】2012年6月 (Canonica、La Biancara、Villabellini、Radikon、ROGASKA)

日頃より格別のご愛顧をいただきありがとうございます。 イタリアから帰ってきて10日ほど経ち、電話に出ると皆さんから「旅の疲れは取れましたか?」などと優しい言葉をかけていただいておりますが、目の前に山積みになっている仕事を目の前に時差ボケなどとボケたことを言っている余裕さえないオータです。 イタリア ... 続きを読む

【新入荷】2012年4月 その1 (La Biancara、Santa Maria、Podere Il Santo、Alberto Anguissola、Casa Coste Piane、Camillo Donati)

日頃より格別のご愛顧をいただきありがとうございます。 1月に続き入荷が全くなく、沢山のワインを欠品させ…と、3月も低空飛行ながらなんとか乗り切りきったヴィナイオータです! その代わりといってはなんですが、4月の内容は本当に凄いです!!ただ申し訳ないのですが、少量の入荷のものが多く、皆さんにご満足い ... 続きを読む

いまさらビオワイン考 (自由なワインへの道)

ヴィナイオータさんて、イタリアのビオ(or自然派)ワインのインポーターですよね? この質問、5億回くらいされていると思いますが、いつも返答に困ってしまいます。 ビオ、自然派という、定義が定まらないというか、人によってその言葉が指す対象(対象そのものだったり、対象となる範囲でしたり・・・)が異なるこれ ... 続きを読む

”美味”と”嗜好”について その2(自由なワインへの道)

美味(美味しいか、美味しくないか)と、嗜好(好きか嫌いか)を混同してしまっている人が多いように思うのは僕だけでしょうか? 素晴らしい料理人が素晴らしい食材を使って作った料理。 僕のような素人が、素晴らしい食材を少々(かなり)荒削りに、だけど極々シンプルに料理したもの。 素晴らしい料理人が冷蔵庫の残り ... 続きを読む

造り手紹介 ラディコン その2(2012.3筆)

数々のエポックメーキングな行為にそこそこの自負を持ち、なおかつその生産規模(量)からしたら考えられないくらいの業界内の知名度&求心力を持つスタンコでさえ、その彼の労苦、リスクに見合った対価を求めつつ、リリースさせるワインを1年以内に売り切ることは非常に難しいようです。 生産量(750ml換算で3万本 ... 続きを読む

造り手紹介 ラディコン その1(2012.3筆)

ヴィナイオータが取り扱う造り手の大半が、ワイン界における過激派に属すと世間的には認識されているのかもしれませんが、ラディコンは、世間の過激は自分の普通だ位に思っている僕でさえ、「おー、なかなかラディカルだねぇ」と思うこともしばしばな造り手。ですが、そのラディカルさが他の人には真似のできないもので、 ... 続きを読む

【新入荷】2012年2月 その2 (Trinchero)

(2012年2月その1に続き) そしてそしてそして、入庫が1週間ほど遅れますが、オオトリも凄いです! トリンケーロからはアユート ロッソが届きました!! 去年の春にセラーでワインをいろいろ試飲していた時のこと、「そう言えば、お前に飲んでもらいたいワインがあるんだけど」とエツィオ。 飲んでみると、普 ... 続きを読む

【新入荷】2012年2月その1(Francesco Brezza、La Castellada、Valter Mlecnik、Pacina、Monastero di Vitorchiano、La Calabretta)

日頃より格別のご愛顧をいただきありがとうございます。 1月は入荷がありませんでしたが、2月は寒さを吹き飛ばせそうな強烈なワインが目白押しです!!!!!! 造り手からの期待感(悲壮感?)の込められたオファーに応える為、そして圧倒的なコストパフォーマンスを実現するために、ヴィナイオータ的企業努力をして ... 続きを読む

【新入荷】2011年11月 その3(Bartolo Mascarello、La Castellada、Campi di Fonterenza)

双子ちゃんこと、カンピ ディ フォンテレンツァからは初リリースの白ワインが届きました! 彼女達は、ワイナリー南東部のモンテ アミアータというゾーンにオリーヴ畑を持っていて、オイルも生産しているのですが、そのゾーンで、樹齢70年を超えるアルベレッロ仕立ての、マルヴァジーア、2種類のトレッビアーノ(ラ ... 続きを読む

1 37 38 39 40 41 42 43 44 45 54