toggle
新着情報

ヴィナイオータかわら版 ~水野編 その九~ Le Boncie / Le Trame 2019

今回のかわら版では昨年のイタリア出張でも訪れた、トスカーナのジョヴァンナ モルガンディによって営まれている、レ ボンチエをご紹介したいと思います。ワイナリーは見渡す限り葡萄畑とオリーブ畑が広がった美しい丘、サンフェリーチェにあります。栽培・醸造ではシンプルかつ整然とした仕事をしており、その深い知識と ... 続きを読む

【新入荷】2024年3月その1(Massa Vecchia, Aia Vecchia,Tom Shobbrook, Il Colle)

【マッサ ヴェッキア&アイア ヴェッキア】 皆さんお待ちかね、マッサ ヴェッキア&アイア ヴェッキアからもワインが届きました!近年は豊作と言える年がない上に、畑でも大改革が始まっているため(詳しくは後述)、弊社にまわってくる本数も限定されており、その結果として皆さんへの割り当ても非常に厳しいものと ... 続きを読む

【新入荷】オータのアツアツ新入荷&2024年2月その4(La Biancara, Two Metre Tall)

5回目のヴィナイオッティマーナの全日程が終了して、ホッと一息なオータです。第1陣が来日してから第2陣が帰国の途に就くまで延べ18日に渡る濃厚な日々だったわけですが、オータ自身、過去のオッティマーナよりは楽しめたと言いますか、一期一会な瞬間をよりリアルに生きれたように感じています。長丁場という事もあり ... 続きを読む

【新入荷】2024年2月その3(Monte Maletto,Il Censo)

【モンテ マレット】元ソムリエのジャンマルコ ヴィアーノが運営するモンテ マレットからは、土着品種であるエルバルーチェを2つの別のアプローチでの表現を試みたワイン、ヴェッキエ トノー2022とジェネシス2022が入荷です。 ヴェッキエ トノーに使用されるエルバルーチェは、棚仕立ての畑のものを使用し、 ... 続きを読む

【新入荷】2024年2月その2(Barranco Oscuro,Bodega Cauzon,)

【バランコ オスクーロ】まずはバランコ オスクーロ!今回は、去年リリースされたワインを全て買うことができまして、なんと20アイテム同時リリースとなります!もはや、スペインのカンティーナ ジャルディーノですね(笑)。 去年の10月に初訪問してきたのですが、その環境たるやイメージしていた通りでもあり、同 ... 続きを読む

【新入荷】2024年2月その1(Casa Coste Piane,L’Acino,Nicolini,Pierpaolo Pecorari,De Bartoli,)

自然の前ではヒトがいかに無力な存在であるかを思い知らされるような出来事から2024年が始まってしまいました。なにもお正月じゃなくても…と思う反面、自然にとっては“とある1日”であることに変わりはないわけで、なんともやるせない気持ちに…。こういったことが起こるたびに、当たり前なことなど何ひとつないこと ... 続きを読む

【新入荷】2024年1月その2(Daniele Piccinin,Trinchero)

【ダニエーレ ピッチニン】 ダニエーレ ピッチニンからは、完成度的に極みに達した感のあるスプマンテ、エポケー2020とローザ ペル ヴォイ2020に加え、白のスタンダードラインのビアンコ ムーニ2022が再入荷しました!3ワインとも大量入荷しましたので限定とはしませんが、前回の売れ行きは本当にとんで ... 続きを読む

【新入荷】2024年1月その1(Montesecond,Conti,La Collina,De Fermo,Arianna Occhipinti)

念願の縄文土器(約4000年前!)を手に入れて嬉々としつつも、デスク回りが片付いてなさ過ぎて、ふさわしい飾り場所を用意できず、土器さまに申し訳ない気持ちになっているオータです。2023年も、皆さんのご愛顧とオータを信じて支払いを待ってくれる造り手たち(笑)のおかげで、なんとか乗り切ることができました ... 続きを読む

ヴィナイオータかわら版 ~清水編 その弐~ Arianna Occhipinti / Nettare di Pera (ジュース!!)

ヴィナイオータの清水です。 この文章の書き始めは2023年12月末日ですが、皆様に公開されるのは1月~2月の間くらいと思います。なので、今の心境としまして2023年の反省と2024年にむけての目標など、来年はどんな年になるかなぁ・・と考えながら昼飲みを実施しております。 と数行しか書かないうちに新年 ... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 89